Weiss Ratingsの格付けをまとめてみた

2018年1月24日に米格付け機関(Weiss Ratings)が仮想通貨の格付を発表しました。
ビットコインやイーサリアムといった主要74種類の仮想通貨銘柄を対象に格付けが行われています。

評価の基準となるのは下記の4点です。

・リスク指数
・収益指数
・テクノロジー指数
・採択指数

これらの評価基準からそれぞれの通貨がA~E段階で評価されましたので、結果を高評価順にまとめてみました。

 

格付ランキング

 

 

A+~B+

該当なし

B

EOS(EOS)

Ethereum(ETH)

B−

Cardano(ADA)

NEO(NEO)

Steem(STEEM)

 

Bitcoin(BTC)

 

ByteBallBytes(GBYTE)

 

Decred(DCR)

 

Litecoin(LTC)

NEM(XEM)

 

 

 

 

Bytecoin(BCN)

 

Dogecoin(DOGE)

EthereumClassic(ETC)

 

 

Monero(XMR)

 

 

 

Nxt(NXT)

Peercoin(PPC)

PIVX(PIVX)

Qtum(QTUM)

 

 

 

SmartCash(SMART)

Stellar(XLM)

Stratis(STRAT)

Syscoin(SYS)

Verge(XVG)

Vertcoin(VTC)

Waves(WAVES)

XtraBytes(XBY)

Zcash(ZEC)

Zcoin(XZC)

C−

BitcoinChash(BCH)

Cloakcoin(CLOAK)

DigiByte(DGB)

DigitalNote(XDN)

Electroneum(ETN)

Feathercoin(FTC)

Namecoin(NMC)

Reddcoin(RDD)

Skycoin(SKY)

Ubiq(UBQ)

Viacoin(VIA)

Whitecoin(XWC)

ZenCash(ZEN)

D+

Auroracoin(AUR)

BitcoinGold(BTG)

Einsteinium(EMC2)

GameCredits(GAME)

Gulden(NLG)

MetaverseETP(ETP)

Pura(PURA)

D

Expanse(EXP)

Matchpool(GUP)

Novacoin(NVC)

Potcoin(POT)

Quark(QRK)

Rise(RISE)

Salus(SLS)

E

該当なし

 

まとめ

個人的な意見としては、ビットコインはAランクだと思っていたので、結果に少しだけ落胆しています。
全体的にはプラットフォーム系のトークンやコインは評価が高い傾向にありますね。
この格付け結果で今後レートにどう影響するか見ものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

火葬通貨バカ

2017年11月に原資10万から投資スタート。はまり込み現在仮想通貨の勉強に没頭中。集めた情報を忘れないようにブログで公開していこうと思います!ブログではおもに今日のコインを投稿かなとww目標は楽しく無理しないトレード